犯罪は、いつどこで起こっても不思議ではありません。
コンビニやスーパー、ガソリンスタンドや駐車場など、利用者の安全のためには監視が必要であり、監視カメラや防犯カメラが設置されている場所が多くなりました。
病院や介護施設などでも、これまでの事件の発生を背景に監視カメラの必要性が高まっています。
また、利用者の安全だけでなく、それぞれの利益を守るための監視も必要で、顧客とのトラブルを防ぐための監視も必要でしょう。
では、オフィスや事務所などへの監視カメラの設置が進んでいるかといえば、コンビニや駐車場ほどではないかもしれません。

ただ、オフィスや事務所の場合、まず深夜はひと気が無くなり、そんな時間を狙って不審者が入り込む可能性もあり、監視の目が必要であり防犯対策が欠かせません。
店舗などと違って、あまり金品を置くことのないオフィスや事務所だとしても、部外秘の書類やデーター、さらに事務所の中に設置されている事務機器などが窃盗犯によって持ち出されることもないとは言えません。
さらに、場合によっては社員がオフィスに保管されている機密書類を持ち出すこともあるかもしれませんので、防犯のための監視の他に、勤務の様子を監視する監視カメラの設置が必要なオフィスや事務所もあるのではないでしょうか。
もちろん、勤務意欲を損なうような監視は避けたいものですが、オフィスや事務所に適した監視カメラもたくさんの種類がありますので、もし、オフィスや事務所への監視カメラの設置を検討されるのであれば、防犯カメラナビにご相談ください。