マンションのような高さのある建物であれば、1階以外は安全だと思ってしまいがちですが、実は侵入事件の統計を見ると、興味深い結果が出ているようです。
そしてその興味深い結果が、今後のマンション警備に大きく役立つのではないかと思います。

もちろん、マンションへの侵入先としては、やはり1階が最も多いわけで、マンションの警備と言えば、1階部分に施工されることが多いと思います。
マンションのエントラスに監視カメラを設置するといった警備や、駐車場や駐輪場に防犯カメラを取り付けるといった警備はあたり前のことでしょう。
さらに、1階部分のベランダに防犯カメラが付いているとなれば、より警備もしっかりしたものとなるでしょう。
ところが、マンションの上層階になるほど、あまり警備の意識はなくなるのではないでしょうか。
まさか侵入者がここまで上がってこないだろうと、中にはマンションの窓のカギを掛けずに外出したりする方もいらっしゃるようです。

ところが、マンションへの侵入で1階の次に多いのが高い場所にある部屋で、マンションの屋上から下に降りて侵入する泥棒もいるということです。
つまり屋上や外側の非常階段などの警備も必要であり、そういった場所への監視カメラの設置なども検討する必要があるでしょう。
最近は、警備会社とセキュリティ契約されている賃貸マンションを選ぶ方も増えて、マンションの自室に入るにも、セキュリティを解除してからカギを開けるといった警備が備わったマンションも増えています。
決して警備が行き過ぎて困るということはないと思いますので、マンションを選ぶ際には、警備面をしっかり確認してください。