小さなお子さんが被害者となってしまう事件が後を絶ちません。
そういった事件が起こるたびに、幼稚園や学校に通うお子さんをお持ちのご家庭では、防犯の必要性を再確認されていることでしょう。
もちろん、普段から防犯対策に余念がない幼稚園や学校だとは思いますが、幼稚園や学校の敷地内だけでなく、地域全体での防犯が不可欠です。
なぜなら、幼稚園や学校に通うお子さんが被害者となる事件は、幼稚園や学校の外で起こるわけで、登下校の間や帰宅後の地域内で起こることが多く、地域全体の防犯がお子さんを守ることになるからです。

ただ、どんなに地域全体で防犯を掲げて、見回りなどを行ったとしても限界があり、防犯の目が行き届かない死角になる場所があり、いかにして防犯対策を充実させるかが幼稚園や学校に通うお子さんを犯罪から守るうえで重要になってきます。
最近起こった事件の場合は、小学生のお子さんが被害者となってしまいましたが、犯人の手がかりを得る際に、たくさんの車のドライブレコーダーが役に立ったと聞いています。
もちろん、コンビニやさまざまな店舗などに取り付けられた防犯カメラも参考になったことでしょう。
今後は、幼稚園や学校に通うお子さんが被害者となるような事件を防ぐために、そして地域全体の防犯を考えて防犯カメラの設置を増やしていただきたいと思います。
そして、防犯カメラの取扱数では日本最大級の防犯カメラナビは、防犯面で地域に貢献していきたいと思いますので、幼稚園や学校での防犯カメラの設置、さらに地域での防犯カメラの設置の際は、気軽にご相談ください。