病院のように、多くの人が出入りする施設には、監視カメラや防犯カメラが欠かせないものです。
しかも表玄関だけでなく、いくつかの玄関や裏の出入り口があるとなれば、その場所ごとに監視カメラが必要かもしれません。
さらに、玄関の外に向けた防犯カメラと玄関の内側に設置する防犯カメラ、玄関から各部屋に続く廊下や階段などにも、監視カメラを設置する必要があるでしょう。

患者さんが安心して入院生活を送れるように、駐車場から玄関、そして各フロアに監視カメラや防犯カメラを設置すれば、防犯だけでなく安全のための役割も監視カメラや防犯カメラが果してくれるものです。
たとえば、病院内を歩く姿を防犯カメラが捉えて、体調が悪くなり動けなくなった様子をいち早く知ることもできるかもしれません。

また、病院の外来などは、待合室で待つ人のバッグの中を狙った不審者が寄り付くこともあり、その不審な行動を監視カメラが捉えることができれば、事件を未然に防ぐこともできるでしょう。
玄関から入ってくる動きも、普通の患者さんの場合と少し違う動きをしていたり、周りを伺う目の動きも、まずは玄関に設置された監視カメラが捉えるかもしれません。

もちろん、玄関に足を踏み入れる前に、防犯カメラのレンズに気が付けば、そのまま立ち去ることもあると思います。
入院患者さんにとっても、外来で病院を訪れる患者さんにとっても、病院で窃盗被害に遭ったり、事件に巻き込まれることがあっては大変です。
防犯対策として、まずは監視カメラや防犯カメラの設置に取り組んでいただければと思います。