さすがに食品事故は減っているのでしょうが、おそらく食品工場にしてもそのほかの工場にしても、製造段階での事故が起こらないように対策が講じられ、その成果が表れているのだと思います。
たとえば今では食品工場に監視カメラが設置されるのは当たり前のことであり、食品工場で異物が混入するといった事故が起こらないように、監視カメラが目を光らせていることでしょう。
もちろん食品工場の流れるような作業を監視カメラが監視することで、異物を発見する役目もあるのかもしれませんが、たとえば機械の動きや工場内の温度などの変化が食品事故を起こすこともあり、食品工場には監視カメラが欠かせません。

また、電化製品を製造している工場や、精密機械工場などでは監視カメラが機械の細部にわたって監視することで、製造不良などを出さないようにしているのだと思います。
さらに、危険な作業が伴う工場ともなれば、そこで働く人たちの安全を図るうえでも監視カメラによる監視が必要で、工場内の機械の不具合で作業する人が事故に巻き込まれないよう、危険を知らせる監視カメラが求められます。

また、工場から製品が出荷される際にも出荷口には監視カメラが必要ではないでしょうか。
念には念を入れて監視カメラの下で製造された製品が、出荷段階の事故で破損したりすることもないとは言えず、そういった場所でも監視カメラが役に立っているはずです。
また、工場には製造に関わる機密書類などが事務所に保管されていることもあり、漏洩などを防ぐために工場に付随する事務所や敷地内への入り口にも監視カメラの設置が必要かと思います。