ある地域で、駐車場に止めてあった車のタイヤがパンクさせられ、数ヶ月間でその台数が100台以上にもなるという事件がありました。
幸い、防犯対策が取られている駐車場もあったため、容疑者が捕まり、地域住民の方もようやく平穏な夜を迎えられるようになったことでしょう。
ただ、似たような駐車場での犯罪は、またいつかどこかで起こる可能性があり、駐車場の防犯対策に苦労している町内やマンション、施設なども多いことでしょう。
住宅街の駐車場やマンションの駐車場は、やはり車を止める時間帯が夕方から朝にかけてが多いということになりますので、夜間の防犯対策が必要になります。
逆に、店舗や公共施設などの駐車場となれば、利用者は昼間になることが多いと思いますので、駐車場でのトラブルを避けるための防犯対策も必要になるでしょう。
また、コインパーキングの駐車場の防犯対策となれば、係員もいないことが多く、防犯カメラを利用するなどして防犯対策を取ることになるでしょうし、スーパーなどの駐車場は係員がいたとしても、広い範囲を常に監視できるわけではなく、防犯対策には監視カメラが欠かせないのではないでしょうか。
さらに、都市部の施設などの駐車場は建物の地下に設置されていることも多く、昼間であっても薄暗く、誰もいない地下駐車場は警戒が必要になることもあります。
そして、防犯対策がきちんと行われているかどうかが、利用する上での選択基準になることもあると思います。
駐車場の防犯対策も、立地や時間帯によって違いがありますので、駐車場の防犯対策を行う際には、防犯カメラナビにご相談ください。