会社の警備システムは万全でしょうか。
賃貸オフィスなどに入居する際には、警備システムなどがどんな形で行われているかを確認されていることと思いますが、必ずしもそのシステムが十分とは言えない場合もあるでしょう。
たとえば、賃貸料や管理手数料などを低く抑えるために、大掛かりな警備システムは取り入れていない賃貸オフィスなども多いと思いますので、そういったケースの場合、賃貸契約を結んだあとに、別途警備システム会社との契約が可能であるかどうかを確認することをお勧めいたします。
中には、配線などができずに警備システムが設置できない場合もあるかもしれません。

そして、そういった場合はシステムとまではいかなくても、監視カメラを設置したり、防犯カメラを取り付けるだけでも大きな違いがあると思います。
たとえば、夜間の防犯のために、赤外線センサー機能の付いた監視カメラや防犯カメラがお勧めですし、しかも監視カメラや防犯カメラの映像が、自宅のスマホに届くといった便利な機能が備わった監視カメラや防犯カメラが増えています。

もちろん、昼間の外出中はどこにいても、スマホさえ持てば監視カメラや防犯カメラの映像が届いたり、いくつもの店舗を回って状況確認されているようであれば、監視カメラや防犯カメラのネットワークを組んで、一ヶ所ですべての店舗の様子を知るといったシステムを構築されてもいいのではないでしょうか。
さまざまな便利なシステムを利用すれば、警備システムが備わっていない賃貸オフィスでも安全が確保できると思います。