相変わらず幼い子供が被害者となってしまう事件が無くならず、保育園や学校・幼稚園では、預かっている子供の安全のために、防犯や警備などを徹底していることと思います。
もちろん、防犯カメラの設置なども、保育園や学校・幼稚園の安全のためには欠かすことができないわけですから、保育園や学校・幼稚園の出入り口や敷地内には、何ヶ所かに防犯カメラが取り付けられていることでしょう。
特に保育園の場合、送迎の出入りにも防犯システムを活用しているケースがあるようです。

ただ、悲惨な事件や事故が発生するのは、どちらかと言えば保育園や学校・幼稚園にいる時というよりも、休日に遊びに行った先で事件や事故に巻き込まれたりすることが多く、遊戯施設や公園などの防犯も見直す個所があるのかもしれません。
また、学校・幼稚園の場合は、帰宅した後に遊びに出る際の防犯対策も欠かせないでしょうし、場合によっては学校・幼稚園から帰宅した後に、わずかな時間一人で留守番をせざるを得ないこともあるかもしれませんので、自宅の防犯は特に厳重にしたいものです。
学校・幼稚園にいる間は常に大人の目が行き届いているかもしれませんが、自宅の場合、お子さんの方も安心しきっているために、いつの間にか庭から道路に出てしまったり、庭で遊んでいる時に外部から声を掛けられても用心する気持ちが薄れているかもしれません。
さっきまでそこで遊んでいたはずなのにといったわずかな時間に、事件や事故が発生することがありますので、常に防犯を意識しておく必要があるでしょう。