最近は、ご家族だけが従業員といった小さな町工場にも防犯カメラが設置されていることが多くなりました。
たとえば、工場内で動かしている機械が適正な動きをしているか、工場の電気系統に異常がないかなど、防犯カメラが監視をしていれば、より工場内の安全性は高まるでしょう。
実は、創業100年以上といった老舗の食品工場などは、昔からの製法そのままに名産品を作り続けていることがあり、建物も設備も古く、安全性を確保するために消防や保健所などから指導を受けることもあるのではないでしょうか。

そこで、ぜひそういった古い老舗の工場でも、防犯カメラを設置することで、安心して働くことのできる工場にすることができると思います。
また、防犯カメラがあることで、衛生面の監視もできるため、食品事故なども防ぐことができますので、一度防犯カメラの設置をご検討いただければと思います。
さらに、古い町工場などの場合、工場内への出入りがオープンで、いつでも誰でも工場内に入ることができるイメージがありますが、そういった場所を狙って窃盗を企てる人物が入り込むこともありますので、ぜひ防犯カメラを役立ててください。
最近は、下町の町工場で、かなり重要な部品を製造しているケースなどが増えて、機密情報が狙われやすくなっているようです。
工場内に設置する防犯カメラの場合、広範囲を監視するドーム型の防犯カメラや、工場内への出入りを監視するボックス型の防犯カメラなど、適才適所の防犯カメラを提案させていただきます。