リスク無しで大きな成果! 月単位で80万の粗利を達成!

代理店様 電気工事業

FacebookTwitterHatenaPocket

リスク無しで大きな成果! 月単位で80万の粗利を達成!

業種:
電気工事業
主なアプローチ先:
事務所工場施設病院

どんな事業をされていますか?

当社は法人中心に電気工事業を営んでおります。

お客様の要望によって電気工事~LAN工事を中心に行いますが最近は監視カメラの要望が多く、監視カメラの販売設置もかなり増えてきました。カメラ機器の仕入は工事材料と一緒に電材屋からカメラを仕入れています。

 

 

 

今までカメラメーカー(商社)との取引は?

まずは価格ですかね。電材屋の担当者も「どんなカメラが良いの?」と聞いてもパナソニック製が無難だという事でパナソニック商品ばっかり販売していました。どうしても相見積のケースも多く、仕切りも決して安くないし相見積の相手側もパナソニック製で、業者同士利益の削り合いのような感じで、見積もりで金額負けや契約しても利益率も低い状態でやってきました。どうしても商品力で他社との差別化や価格競争力のある商品やサービスの情報が入ってこず、困っていました。

 

カメラの窓口と提携したのは何故ですか?

やはり卸価格の安さと商品力。そして何よりもカメラ業界全体を理解した上でユーザーにとっても、販社にとってもwin-winな関係構築がビジネスを通して誠実に行えることですかね。

 

カメラの窓口の担当者が初めて来社して約10分で、今までのカメラメーカーや商社とのスタンスとはまったく違うなと。業界全体の流通やメーカー事情、工事業界などカメラ業界全体の情報力も中立的で誠実なビジネスの考え方も気に入りました。

 

具体的に価格的なメリットはどうでしたか?

利益率が今まで平均10%だったのが30%まで変化しました。

今までの卸価格も商品によって異なりますが20~30%は安くなりましたね。どうしても仕入れ価格は大手警備会社や大手販売会社は取引量のスケールメリットで圧倒的な卸価格によって、中小規模の販売会社ではそこまで太刀打ちが出来ずに大手業者よりも条件の悪い卸価格が通常でした。

 

カメラの窓口は流通を徹底的に見直しするだけでなく「共同仕入れ」という業界初の考え方によるスケールメリットを活かすことで、大手企業でなくても新たな武器を手にすることが出来ました。

当社は中小企業のお客様への販売が中心で、工事事業以外にもカメラ4台程度の案件を月に10件前後販売していますが、カメラの窓口さんと取引を始めてから月単位で10件の受注に対して80万前後の粗利益が残るようになりました。

 

商品力はどうですか?

今までは私達には情報やノウハウが無かったのでお客様からの要望毎にネットで調べたり、いろいろな業者に電話で聞いたりと大変でした。カメラの窓口は中立的であらゆるメーカーを取り扱っており、全国の販売ノウハウを共有していますので、商品力や情報力は圧倒的に激変しました。

 

カメラ画素数はよりメガピクセル化したのは当然ですが、真っ暗な夜間でも100m先のナンバープレートや人物やナンバーをはっきりと特定できるのが今や私たちの標準機能です。また案件によってお客様の要望や業種によってどのような提案をしたらいいのか本部に相談すれば、業種や設置環境に特化した有資格者の防犯設備士が親切、丁寧にアドバイスしてくれ「こういった業種のお客様にはこの機種が人気です」など、お客様の声を十分理解した泥臭い現場感もしっかり理解しているのが心強いですね。

 

今までの様な価格重視の販売方法だけでなく、お客様の要望やニーズに合わせ付加価値を付け、よりお客様に喜ばれる提案スタイルを目指したいですね。

 

 

 

最後に一言

私たちの様な中小企業は働き方改革などの背景から業務の効率化を徹底的に見直していかなければいけません。
「原価の見直し」「情報を共有する」は必要不可欠な時代だと確信しています。また事業を営む上で必要人員を100%内製化にすることは不可能に近く「工事」や「保守コールセンター」などのサポートも私達には大きな魅力です。時代の流れでそのような考えた方がビジネスにも必要だと思いますよ。

FacebookTwitterHatenaPocket

相談してみる