カメラ業界の常識6つのポイント

  • 価格が不透明

お客様の声

開く 閉じる

  • 監視カメラと一口に言っても高額なカメラから低価格なカメラまでピンからキリまで…。
  • 品質が同じなら安い方が良いに決まっています…。
  • 安すぎても…安ければ悪かろうで何だか心配…。

同じカメラでも価格が異なる理由

開く 閉じる

価格が安いに越したことはありませんが、目を見張るような低価格でカメラ商品が販売されているケースを目にしますよね。
超低価格でも販売会社側が利益確保を実現させるには?販売会社は 2つのポイントを抑える必要があります。

世界の仕入れルートから極端な低価格カメラメーカーから仕入れることは実現可能です。ただし販売した後の機器の保守メンテナンスに対してどういったスタンスで対応するか?ここのコストに対して販売側がどう向き合って顧客に対応していくのか?

販売会社側の販売価格に保守サポートのコストも含まれています。

また、改めて「保守サポート」の項目でお伝えしますが、本来「耐久性」や「信頼性」などが劣るメーカー商品を販売した場合、販売側のリスクとして「保守サポート」のコスト負担を考えなければいけません。

本来はカメラ業界が販売会社のモラルなど教育管理をするべきですが、簡単に参入できる業界だからこそ、購入者側も低価格カメラ購入後の設置後アフターに対してのリスクを十分理解する必要があるのです。
アジア各国では日本市場で考えられない超低価格カメラが手軽に売買されておりますが、購入した場合は購入先が保守サポートの窓口となります。

※カメラ業界リサーチとして写真をイメージとして記載しましたが上記の記載内容と写真の店舗に関連性は一切ございません。

カメラの窓口では?

開く 閉じる

  • 業界の流通を徹底的に見直しました

  • 流通費用の無駄をカットします

ファブレスという主流になりつつある新しい選択肢を通じて、国内外のカメラメーカー商品を取り扱っています。
技術競争が激化しているカメラ業界では「ファブレス」であることで、通常メーカーが生産設備に投入する資金や人材を競争力の源泉となる研究開発、市場調査に集中させることができ、より良い商品を低価格で実現できると考えております。

『カメラの窓口』では国内メーカーに限らず、大手日本メーカーがOEM提携している製造会社と、直接契約を結ぶ事で流通マージンを徹底的に見直し、品質に対して絶対的信頼と共に低価格でお客様へお届けしております。

選べるパートナー制度

  • System01

    紹介店パートナーMARUNAGE

    紹介店パートナー

    検討しているお客様をご紹介するだけ。
    営業活動~契約~設置~保守はカメラの窓口が行います。

    新たな利益 継続利益 差別化

    詳しく見る

  • System02

    代理店パートナーTSUNAGARU

    紹介店パートナー

    卸及び情報共有化によりスピード化・収益率UPを実現。
    営業活動~設置工事(委託可能)~保守(委託可能)

    共同仕入れ ノウハウ 工事保守

    詳しく見る