最近は、店舗に入れば監視カメラが起動中といった表示を見かけることが多くなりました。
特に、sdカード対応型の監視カメラは、簡単に録画ができ需要が増えているようです。
また、遊戯施設などは防犯や利用者同士のトラブルを防ぐための防犯カメラが必需品ですが、やはり最近はsdカード挿入タイプが用いられるケースが多いようです。
そして、そういった監視カメラや防犯カメラのsdカードに残された映像が、さまざまな事件の捜査に役立ち、火災事故などが起こった時も、監視カメラや防犯カメラの映像が原因究明に役立つことがあります。

ただ、sdカードに録画された監視カメラや防犯カメラの映像が、どの程度の期間保管されているかと言えば、監視カメラや防犯カメラに挿入されているsdカードの容量によって違って来ることになります。
つまり、sdカードである以上、保管期間にも限度があるわけで、sdカードの容量によってはわずか数日で上書きされてしまい、捜査や究明に役立つかと思われていた監視カメラや防犯カメラのsdカードの映像が、すでに消されてしまっていることもあります。
もちろん、録画設定の工夫によって、sdカードに録画できる日数も違ってきますので、画質を落としたリ、決められた時間帯だけの録画を行うなどもお勧めです。
ただ、どの容量のsdカードが挿入できるのかは監視カメラや防犯カメラによって違ってきますので、長い期間の録画が必要であれば、大容量のsdカードが挿入できる監視カメラや防犯カメラをお選びください。